ブログ

賞味期限と消費期限の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

smbacksakanaS

食品を買う際に、表示されている「期限」をチェックする方は多いでしょう。常に奥の商品から「期限」がより長い、つまり、より新しい商品を探して購入するって人もいますからね(笑)。

ところで、食品によって「賞味期限」か「消費期限」と表示されていますが、期限表示の違いをはっきりと知っている方は意外と少ないかもしれません。あなたにはわかりますか?

賞味期限と消費期限の違いを簡単に言うと?

とても簡単に言うと、

賞味期限とは、「おいしく食べられる期限」
消費期限とは、「安全に食べられる期限」

どちらも期限を過ぎたからといって、食べられないことはありません。(ただし、何かあった場合自己責任になりますが)

とくに「賞味期限」の場合、「おいしく食べられる」と保証できる期限であって、期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるということはないのです。しかし消費期限を過ぎた場合には、品質の見極めに自信が無いのならば食べない方が安全でしょう。

賞味期限と消費期限の境目

品質の劣化が比較的遅い食品は「賞味期限」
品質が急速に劣化しやすい商品は「消費期限」

急速に劣化しやすいといっても、目安はどのくらいなのか?
5日を境にして、賞味期限と消費期限に分けることができます。

賞味期限は6日以上
消費期限は5日以下

水産物の場合、ほとんどが消費期限の対象となります。

期限のお約束

賞味期限や消費期限は、「開封前の期限」です。一度封を開けた食品は、期限に関わらず早めに食べるようにしましょう。開封後の商品の日持ちに関しては、消費者自らが自己責任で判断することになります。

また、定められた方法により保存していた場合にのみ期限は有効となります。例えば「冷蔵保存」「冷凍保存」「常温」など、表示されている方法によって保存するようにしてください。

もし保存方法が書いてない食品は、「常温」で保存できます。常温とは15~25℃程度の温度。直射日光の当らない、風通しの良い場所で保存しましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ページ上部へ戻る