ブログ

何故水産部門は難易度が高いと言われるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スーパーマーケットの中でも、水産部門は難易度の高い部門であると言われます。

smsk

  • 「技術」「知識」が必要なこと
  • 時間との勝負であること

商品を「生産」する作業には、「技術」がいります。
当然のことながら、技術はすぐに習得できるといったものではありません。

扱うものは「魚介」ですから、作業全ての工程において、
「鮮度管理」の技術と知識が必要となります。

そして作業は、「時間」との勝負になります。
複雑な作業を手早く行わなくてはならないわけです。

季節商材の扱いや、行事イベントごとも多い上、
天候にも影響され日々の魚の仕入れも違います。

バイヤーからの急な「送り込み」もあります。

そのため、それにあわせておのずと
作業内容も変えていかなければなりませんが、
ただ売り場に並べるだけではありません。

魚を種類に応じて適切に処理し、「SKU」を増やし、
お客様の買い物を楽しませつつ、
売り切れるように商品化する。

例えば、朝に「丸もの」として並べていた魚を、
午後には刺身や切り身にして商品化する…

といったように1日の中で、売り場の変化が
一番大きいのが水産部門なのです。

人手不足の水産部門

同じスーパーマーケットで働くのであれば、
水産部門以外で働きたいと思う方が多いようです。

わからないでもありません(笑)

まず「魚の臭い」だけで敬遠されるでしょう。
実際に水産部門への求人応募は少ないです。

朝は早いところも多いですし、店舗によっては、
人手不足から残業しなければならないこともあるでしょう。

作業のきつさ複雑さ、作業場の「寒さ」など、
働いてみなければわからないことも多いと思います。

求人募集をかけてもなかなか応募がこない上に、
せっかく採用しても定着率が低いというのが、
多くのスーパーの水産部門の実情だと思われます。

スーパーのお荷物部門?

昔ほどスーパーで魚が売れなくなったといわれます。
水産コーナーのことを「お荷物部門」だと考える人もいます。

  • 鮮度劣化が早いこと(ロスが出やすい)
  • 生産性が低いこと(人件費がかかる)
  • 仕入れコストが高いこと(利益率が低い)

これらの理由から水産部門は
利益を出しにくく、多くは赤字です。

そのため鮮魚コーナーを縮小している
スーパーも少なくないのが現状なのです。

人手不足のなか、知識や経験技術が必要な
複雑な仕事や時間と闘っているにも関わらず、
利益を出しにくいのが「水産部門」。

難易度が高いと言われる所以がおわかりでしょうか?
でも、だからこそやりがいがあるとも言えるのかもしれません。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ページ上部へ戻る