「鮮魚の仕事」関連おすすめ書籍等


すぐ分かるSM鮮魚の仕事ハンドブック

“食品商業教科書シリーズ”の「鮮魚の教科書」をベースに再編集し、大幅に整理さらに全部門共通して大切な衛生管理の知識、表示のルールなども加筆。現場での教育のツール、自己学習のテキストとして最適!

鮮魚の教科書(DVD付き)は定価¥1980です。流通量が少ないためにAmazon(中古販売)では高額になっている場合がありますので気をつけてください。(この記事を書いている時点では10倍の¥19800!)DVD動画もあり、60旬魚120品目づくりなど紹介されていて優れた内容ですが、高い価格がついているのであれば、これをもとに再編集・加筆した「すぐ分かるSM鮮魚の仕事ハンドブック」のほうをおすすめします。どうしても欲しい場合には、ネット古本屋あるいはオークション等も探してみると定価程度で手に入る場合があります。



食品商業

スーパーマーケット・食品小売に携わる人のための「仕事の教科書」、”すぐ使える””その場で使える”現場優先の「使う雑誌」。毎月、毎週の売場づくり、売上げ向上に役立つ店舗運営実務を分かりやすく提案。この一冊があなたのやる気と技術を向上させること間違いなし!




書いて身につく売場の「数字力」

パートタイマー・売り場担当者レベル&「部門チーフレベル」
読んで、書いて、覚える記入式学習ノート。「数字で判断する習慣」が身につきます。

売場で役立つ数字力のステップを役職別に分け、ステップを追うごとに役職に伴った実力がつきます。パートタイマー・売場担当者レベルが五段階、部門チーフレベルは四段階と現在の自分のレベルに合わせて学習できます。重要なポイントは穴埋め式でより理解度が増します。「数字で判断する習慣」が身につく、小売業に従事する方々必携の一冊。

初学者でも理解しやすいおすすめの本です。部門チーフの方にもおすすめします。


スポンサードリンク

水産の仕事を身につければ一生食える!?

smbacksakanaS

水産の仕事を身につければ、職に困ることはありません。だってどこも人手が足りてないんですもの(笑)。

なにもスーパーマーケットの水産だけでなくとも、「魚がさばける」「刺身が切れる」ということだけで、「選びすぎなければ」仕事はいくらでもあります。例えば、飲食店への転職する際にも有利ですしね。

続きを読む 水産の仕事を身につければ一生食える!?

何故水産部門は難易度が高いと言われるのか?

スーパーマーケットの中でも、水産部門は難易度の高い部門であると言われます。

smsk

  • 「技術」「知識」が必要なこと
  • 時間との勝負であること

商品を「生産」する作業には、「技術」がいります。
当然のことながら、技術はすぐに習得できるといったものではありません。

続きを読む 何故水産部門は難易度が高いと言われるのか?

仕込み作業「仕置き」と「仕越し」とは?

smbacksakanaS

仕越し仕置きとは、どちらも一言でいえば「仕込み作業」のことです。両方ともよく使われる言葉ですが、両者には違いがあります。仕込んだ商品がいつ売り場に並ぶかによって「仕置き」あるいは「仕越し」と呼ぶのです。

※企業グループによっては「仕越し」「仕置き」の意味が違う場合もあります。

続きを読む 仕込み作業「仕置き」と「仕越し」とは?

賞味期限と消費期限の違い

smbacksakanaS

食品を買う際に、表示されている「期限」をチェックする方は多いでしょう。常に奥の商品から「期限」がより長い、つまり、より新しい商品を探して購入するって人もいますからね(笑)。

ところで、食品によって「賞味期限」か「消費期限」と表示されていますが、期限表示の違いをはっきりと知っている方は意外と少ないかもしれません。あなたにはわかりますか?

続きを読む 賞味期限と消費期限の違い

スーパーマーケットにおける鮮魚コーナーの位置づけとは?

smsk

スーパーの鮮魚コーナー水産部門は、企業間・店舗間格差の出やすい部門であると言えます。

従業員の知識や技術はもちろんのこと、水産部門としての方向性や戦略等によって、スーパーマーケットのなかでも明らかにわかりやすい違いが出るのが水産部門なのです。青果や食肉・日配コーナーというのは、正直それほどどの企業や店舗であっても差が出にくいのですが、鮮魚コーナーは違います。

続きを読む スーパーマーケットにおける鮮魚コーナーの位置づけとは?